【中古マンション購入記録】リフォーム会社の選び方・相見積は何社がいい?

リフォーム

【中古マンション購入記録】リフォーム会社の選び方・相見積は何社がいい?

マンションを購入すると築浅物件や全面もしくは部分リフォーム済みの物件以外では、リフォームが必要になってくると思います。

今回私たちが購入したマンションも築16年でしたので、和室とトイレとキッチンをリフォームしようと思っています。

壁や床はまだ綺麗でしたのでハウスクリーニングで。お風呂はまだ使えそうだったので変えず。洗面台はボウル部分が割れていたので、売主さんの好意で変えて頂きました。給湯器も調子が悪いそうで売主さんが交換してくれるそうです。

なので、必要最低限のリフォームになります。

今回は、私が実践したリフォーム会社の選び方をご紹介したいと思います。

相見積は何社取る?

まず、リフォームの相見積は必須だと思います。1社だけだと比較が出来ないので、高いのか安いのかもわからないですし、リフォーム会社の特徴なども分かりません。

ネットでは3社くらい相見積をすれば相場が分かっていいと書いてあります。6社など多すぎても時間や労力がかかりますし、訳が分からなくなるのでおすすめ出来ません。

私は断るのが苦手なので、2社にしました。

仲介不動産会社の提携のリフォーム会社

リフォーム会社は世の中にたくさんあるので、選び方が難しいと思います。

私は、1社は仲介不動産がリフォームも行っていたので、そこの提携のリフォーム会社に相見積をお願いしました。

ホームページにも載ってるし、何回もリフォームの経験もあるし、仲介不動産を経由するので安心かなと思いました。

ホームプロ

もう1社はホームプロというリフォーム会社紹介サイトで選びました。

ホームプロは紹介された最大8社から自分で好きな業者を選ぶ仕組みです。

・無料で会員登録
・匿名でやりとり
・紹介された会社の評価・実績・クチコミ・事例が分かる
・断るのもボタン一つでできる

こうした特徴から私はホームプロを登録しました。

私は7社紹介されました。その中から成約価格、口コミ、マンション事例があるかどうかを検討しました。

価格が安く、口コミもよくて、マンション事例もあり、会社も通いやすい位置にある1社を選びました。

後の6社はボタン一つでお断りしました。

まとめ

今回は、リフォーム会社の選び方をご紹介しました。相見積は絶対にしたかったので、私は仲介不動産の提携のリフォーム会社とホームプロの1社を選びました。

リフォームの現地調査についてはまた別の記事で書きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました