本ページはプロモーションが含まれています

【種まで食べられる】スイカ「小玉スイカ「ピノガール」」を食べてみたレビュー・感想【皮が薄い、甘くておいしい】

おすすめアイテム

今回は、種まで食べられるスイカ

『ピノ・ガール』

をご紹介します。

皮が薄くて、タネまで食べられるおいしいスイカです。

「ピノ・ガール」のご紹介

タネまで食べられる「ピノガール」は、品種改良に16年の歳月をかけて誕生しました。

2020年から栽培、出荷が始まっています。

主な産地

北海道、南は沖縄まで全国の小玉スイカ産地で生産されています。

収穫時期

最適収穫時期は無加温ハウス4~7月、露地トンネル6~9月となっています。

ピノ・ガールの特徴

ピノ・ガールは種の大きさが従来品種のおよそ4分の1ととても小さいのが特徴です。

そのため、タネまで食べられるということでとても人気のあるスイカです。

大きさは小玉スイカなので少し小さいです。

重さは1.5~2kg

形状は、やや縦長のだ円形です。

また、、普通スイカに比べて日持ち性が優れるとのことです。

ピノガールを食べてみた感想

購入して実際に食べてみました。

新潟県産です。

切ってみるとこんな感じです。

食べてみた感想をまとめました。

・あまみも強めでおいしいです。

・果汁も多く、シャリシャリ感がある。

・種もほぼ気にならず食べられました。

・皮が薄くて調理しやすい。 

・皮のゴミもあまり出ない。

1個あっという間に食べてしましました。

本当にあまくておいしかったです。

皮のゴミとか、めんどくさがり屋さんにもぴったりです。

今回は、タネまで食べられる「ピノ・ガール」を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました